当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

原爆に遭った少女の話1

  

原作/児玉豊子
漫画/さすらいのカナブン 

  

「ワシが見たものを描いてくれ」

少女運転士だった祖母の体験を孫娘が漫画化、ウェブで公開して話題になりました。
公開後、作品は新聞にも取り上げられ、Web上で無料公開された2016年(平成26年)8月までに22万アクセスを記録しました。ただ「伝えたい」という思いが静かな感動を呼んだ本作。広島電鉄と被爆に遭った電車車両を追った一冊「被爆電車75年の旅」にも特別掲載されています。

  

  

※1 寮は木造2階建てで、門に近い方が「松寮」、西側が「竹寮」。
その間に、食堂と浴室の小さな別棟がはさまれるようにありました。
裏の方はコンクリートでずーっと塀をうまく造ってあるのだけれど、寮内が女ばかりだったからでしょう、
男が寮に侵入してきたことがあったので、塀の上にガラスの破片を立てていました

※2 生徒は、笹口正代先生がデザインしたターバン風の黒い帽子を授業で作り、車内でかぶりました。
最初は帽子、それからターバン、それから鉢巻きへと変わっていったような記憶があります。
襟は実はつけ襟。洗った後、窓ガラスに張って乾かしていました。制服は布団の下に敷いて、寝押ししていました。

  

  

  

この記事に関連付けられているタグ