当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

国際平和デーに平和について考えてみませんか。

9月21日は国際平和デーです。

国際平和デーは国連が定めた記念日で,国連広報センターのウェブサイトでは次のように掲載されています。

すべての国,すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念し,推進していく日として,すべての国連加盟国,国連機関,地域組織やNGO,そして個人に対して,この日を適切な方法で祝うよう呼びかけています。国連が「国際平和デー」を最初に宣言したのは1981年です。(省略)2002年からは,毎年9月21日を「国際平和デー」に定め,以後,世界の停戦と非暴力の日として,すべての国と人々に,この日一日は敵対行為を停止するよう働きかけています。

https://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/1815/

平和について考えてみる

「国際平和拠点ひろしま」では,ウェブサイトを訪れてくれた皆さんに平和について考えるきっかけとなるようなコンテンツを配信しています。その中から,国際平和デーに平和について考えるきっかけとなるコンテンツを三つ紹介します。

平和のイラストを描いてみる

「平和」って一言で言っても,思いは人それぞれです。皆さんが思い描く平和はどんな世界ですか?「国際平和拠点ひろしま」では,皆さんから平和のイラストを募集し,ウェブサイトのトップページに掲載しています。皆さんが思い描く「平和」を教えてください。

 

イラストを応募する

今までご応募いただいたイラストをまとめました。こちらもぜひご覧ください。

#peacetimesを読んでみる

Peacetimesでは,核兵器廃絶や平和・復興について,マンガ,折り紙,スポーツ,地元企業,飲食店など身近な話題で平和について考えてみるコンテンツを配信しています。最初のきっかけとして興味のある分野から読んでみませんか?

 

peacetimesを読む  

オンラインで平和講座を学んでみる

オンラインで学ぶ平和講座「広島から平和を考える」では,被爆の実相や核兵器を巡る国際動向について学んでいただくためのコンテンツを発信しています。

講師に東京大学大学院 藤原帰一教授を迎え,藤原教授によるレクチャーと被爆者の坪井直氏やスタンフォード大学教授スコット・セーガン氏等ゲストとの対談で構成されています。

 

オンライン平和講座で学ぶ  

この記事に関連付けられているタグ