当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

平和記念公園「レストハウス」再オープン

平和記念公園レストハウスについて

1929(昭和4)年に大正屋呉服店が新築した建物であり,1982(昭和57)年から平和記念公園レストハウスとして整備され,公園の憩いの場になっていました。改修工事を行っていましたが,2020(令和2)年7月1日に再開しました。

原爆投下時は爆心地から約170メートルで被爆。地下室を除いて全焼したが、戦後に補修された(提供:清水建設)

再オープン後の様子

再オープンしたレストハウスは,観光案内所や休憩スペースに加え,現在の平和記念公園の場所である旧中島地区の歴史の紹介や被爆ピアノなどを常設展示しています。

レストハウス外観
常設展示してある被爆ピアノ
現在の平和記念公園の場所である旧中島地区
被爆の痕跡が残る建物の様子
カフェの様子
地下1階の様子

アクセス

このページに関連する情報

「この世界の片隅に」ロケ地巡り

映画『この世界の片隅に』(2016年11月公開)のロケ地を紹介。レストハウスについても紹介しています。

「この世界の片隅に」ロケ地巡り

希望の音を奏でる「被爆ピアノ」

原子爆弾が投下された広島で奇跡的に焼け残った数台のピアノ。それらは「被爆ピアノ」と呼ばれ、現在、日本各地や海外でもその音を奏でることにより、人々に平和の尊さを訴えています。

希望の音を奏でる「被爆ピアノ」

この記事に関連付けられているタグ