当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

路面電車が被爆から3日以内に動き始めたと聞いたがどうやって動いたの?誰が運転してどういった人が乗車したの?(中学1年生)

路面電車は,電気を動力としていますが,被爆後,市内線に電気を供給する櫓下変電所(やぐらのしたへんでんしょ)は壊滅しました。もうひとつの千田町変電所も機能を停止していました。また,電柱は842本中,393本が倒壊し,レールは一部,飴のように曲がり,架線は約10万mのうち,9万4千mが損害を受け,地面に落ちたものはグシャグシャにもつれて散乱していました。

まず,大阪駐留の東京電信隊(電柱を建てたりする専門部隊)がただちに広島へ送り込まれました。広島に派遣された電信兵は30~40名。広島電鉄側は架線技術者が全滅していましたが,車両課の人間5,6名が,電信兵とともに復旧作業を開始しました。

電信隊の活躍はめざましく,焼け野原には,見る間に電柱が立ち並んでいきました。

8月8日午後,宮島線廿日市変電所から電力供給を受け,試運転を行うことができ,翌9日,試運転を無事終えた「己斐」~「西天満町」間で,電車の運行が再開しました。

運転を再開した8月9日当日,電車を運転したことが判明しているのは16歳の山崎政雄さんと家政女学校の少女運転士・雨田豊子さんです。他に,宮島線の運転士もいました。山崎政雄さんは被爆当時,己斐駅で信号切り替えを担当していました。先輩たちと比べて軽傷だった上に,運転士の経験もあり,前日の8月8日に行われた試運転も行いました。

また,乗務した車掌は家政女学校の生徒である尺田哲子さん,笹口里子さん,堀本春野さんでした(他に1~2名の存在も証言に残っています)。

再開した電車の乗客は,主に,市内へ肉親を捜しに行く市民たち,あるいは市外へ脱出する怪我人たちでした。電車は単線のピストン運転で,運賃を取らずに彼らを運んだそうです。

 

参考書籍:「被爆電車75年の旅」,2017年,株式会社ザメディアジョンプレス

この記事に関連付けられているタグ