当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

被爆鳥居・狛犬を知る

昭和20(1945)年8月6日,広島に投下された原子爆弾により壊滅的な被害を受けた広島の街。神社もまた大きな被害を受けました。

今回は,原爆に耐え抜いた鳥居や狛犬を紹介します。

広島護國神社(爆心地から200m)

<被爆後の護国神社の様子>
撮影/林重男氏  提供/広島平和記念資料館

 

広島城跡に構え,カープ球団が祈願に訪れることでも有名な広島護國神社は,以前は平和記念公園北側,旧市民球場の場所にありました。

爆心地から約200mの位置にあった神社は,社殿は爆風で跡形もなく倒壊しましたが,鳥居の1つと狛犬,石灯篭,幟立て等は倒壊を免れました。後に,鳥居は広島城跡の東側に,狛犬は現在の護國神社内に移設されました。

 

<広島護國神社の鳥居>

 

戦争物資の不足を補うために戦時中に公布された「金属類回収令」は,寺院・神社にも金属類供出の命が下りましたが,青銅製の狛犬は辛うじて免れることができました。
また,狛犬の台座は,爆風を浴びた面はざらつき変色していますが,爆風を浴びなかった部分は,滑らかな手触りで作製された当時の面影を残しています。

<広島護國神社の狛犬・台座>

 

また,残った鳥居とは別に倒壊した鳥居があり,その台座が広島市青少年センター近くで後年発見されました。

 

<広島市青少年センター付近で見つかった鳥居の台座>

鳥居の台座が見つかった広島市青少年センター付近

現在の広島護國神社の場所

白神社(爆心地から500m)

<被爆後の白神社。正面に見えるのが白神社境内>
撮影/川本俊雄氏  提供/川本祥雄氏

 

平和記念公園の近く,東側に位置する白神社には被爆した3対の狛犬がいます。白神社には狛犬のほか,原爆の熱線で赤く変色した石や被爆したクスノキもあります。

狛犬は鼻が欠けている箇所や黒く変色している部分があり,当時の熱線の強さが窺われます。また,常夜灯は基礎だけが残りましたが,後年に再建され当時の姿を取り戻しました。

<白神社の鼻が欠けている狛犬>

<白神社の常夜灯>

 

廣瀬神社(爆心地から900m)

 

爆心地から北西に位置する廣瀬神社には,被爆した四対の狛犬と鳥居が当時と同じ場所に配置されています。広島護國神社や白神社同様に,爆風で社殿は完全に倒壊しましたが,鳥居や狛犬はその姿を留めました。

特に,爆心方向に最も近い狛犬は,強烈な爆風を受けたことで位置が台座から斜めにずれ,台座に掘られていた神社の紋も失いました。後ろ足を失った狛犬の他,多くの台座にひび割れや欠けが多く見られ,爆風の凄まじさが感じられます。

<廣瀬神社の足が欠けている狛犬>

<廣瀬神社の台座がずれている狛犬>

また,被爆した手水鉢が近年地中から発見され,最小限の補修が施された後,境内に設置されました。

 <廣瀬神社の手水鉢>

 

被爆建物・樹木を知る

国際平和拠点ひろしまでは,広島市内の残る被爆建物や樹木についても紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

比治山エリア千田エリア紙屋町・本通エリア平和記念公園一帯

この記事に関連付けられているタグ