当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

Pope's visit to Hiroshimaローマ教皇フランシスコ台下の広島訪問について

令和元年11月24日(日),ローマ教皇フランシスコ台下が広島を訪問されました。

平和記念公園にて開催された「平和の集い」では,記帳,献花された後,キャンドルを点灯されました。その後,参列者で黙祷をし,被爆者証言をお聞きになられました。

最後に,フランシスコ台下から平和のメッセージが発せられました。

ローマ教皇は,世界から尊厳と共感を集める存在であり,核軍縮を巡り極めて厳しい状況にある中で,今回の被爆地 広島,そして長崎訪問での力強いメッセージを契機に核軍縮が進むことを期待しています。また本県としても,核兵器のない平和な世界の実現に向け,取組を進めて参ります。

【広島訪問スケジュール】

ローマ教皇フランシスコ台下 平和記念公園到着

知事,市長,県議会議長,市議会議長出迎え

記帳 (メッセージ内容について

献花

キャンドル点灯

黙祷

被爆者証言

ローマ教皇による平和メッセージ(全文はこちらからご覧ください。

ご退出

【平和の集いの様子】

フォトギャラリーはこちらからご覧ください。

© CBCJ
© CBCJ

© CBCJ
© CBCJ
© CBCJ

© CBCJ

当日使用した椅子と車についてはこちらからご覧ください。

この記事に関連付けられているタグ