当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

Hiroshima’s Reconstruction広島の復興シリーズ

1945年8月6日に広島に原子爆弾が投下されて75年。

原子爆弾により壊滅的な被害を受けた広島は,今日,国内外から「復興を成し遂げた街・平和を模索する都市」というアイデンティティが認知されています。

広島の復興の過程をとりまとめた「広島の復興経験を生かすために‐廃墟からの再生‐第1巻」を基に,広島の原子爆弾による被害からの復興を紹介します。

目次

Vol.1:原子爆弾投下前の広島の街

Vol.2:8月6日の広島

Vol.3:原子爆弾による被害

Vol.4:原爆投下直後の広島

Vol.5:政府の戦災復興計画

Vol.6:広島の復興計画

Vol.7:広島平和記念都市建設法の制定過程

Vol.8:平和記念都市建設計画

Vol.9:平和記念公園の形成過程

Vol.10:海外からの援助

Vol.11:不法建築

 

このページに関連する情報

広島の復興経験を生かすために‐廃墟からの再生‐第1巻

広島県と広島市が連携して実施した「ひろしま復興・平和構築研究事業」の成果を「広島の復興経験を生かすために‐廃墟からの再生‐」として取りまとめました。

広島の復興経験を生かすために‐廃墟からの再生‐第1巻

この記事に関連付けられているタグ