当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

国際平和拠点ひろしま

SDGs and Peace SDGs(持続可能な開発目標)と平和

SDGsとは?

What is SDGs? SDGsとは?

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。持続可能な社会をつくるために,世界が抱える問題を17の目標と169のターゲットに整理したものです(2015年9月に国際連合で採択)。2030年までに,政府,企業,地域社会のあらゆる人が,SDGsを実現するための役割を担っています。 (参考)持続可能な開発目標(SDGs)について

国際平和拠点としての広島県とSDGs

平成30年6月15日,広島県は,「SDGs未来都市」として,内閣総理大臣により選定されました。
広島県の提案内容等,詳しい内容は,「SDGs未来都市の選定について(https://hiroshimaforpeace.com/sdgs-and-peace/miraitoshi/)」を御確認ください。
SDGs未来都市の選定について

SDGs未来都市とは

政府は,地方公共団体における持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取組は,地方創生の実現に役立つものであり,その取組を推進することが重要であるとしています。
この一環として,政府が,自治体によるSDGsの達成に向けた取組を公募し,優れた取組を提案する都市を「SDGs未来都市」として29都市を選定し,その成功事例の普及展開等を行うことで,地方創生の深化に繋げていくこととされました。 (参考)https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201806/15miraitoshi.html

〔事例集〕未来につなげるSDGsとビジネス

SDGsを通じた国際平和の実現に向けた取組の一環として,大学生のSDGsビジネスに対する理解を促進し,人材育成を図るとともに,県内のSDGsビジネスについてのノウハウや萌芽事例を蓄積し,国内外に向けて発信するため,SDGsビジネスの事例集を作成しています。

特別編(2020年度版)

2020年度は特別編として特別編としてコロナ禍にあっても、あるいはコロナ禍だからこそSDGs を積極的に推進している企業・団体について取り上げました。掲載企業・団体数:11

「未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~」特別編

事例集2019年度版

「未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~」第2弾を制作しました。 掲載企業・団体数:29

「未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~」第2弾

事例集2018年度版

「未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~」第1弾を制作しました。 掲載企業・団体数:26

「未来につなげるSDGsとビジネス~広島における企業の取組現場から~」

国際平和のための世界経済人会議

国内外から世界で活躍する経済人や有識者を広島に迎え,ビジネスと平和のあり方との関係を多面的に議論し,平和な世界の実現に向け,ビジネスと行政,NGO等が連携しながらどのような貢献ができるかを考えるとともに,多様な主体が平和に関わることの重要性を発信します。

2020世界平和経済人会議ひろしま

テーマ:COVID-19との闘いを踏まえた「積極的平和」と「SDGs」

詳しくはこちら

2020世界平和経済人会議ひろしまダイジェスト動画

2020年8月に開催した会議のダイジェスト動画です。

ダイジェスト動画を見る(YouTube)

2019国際平和のための世界経済人会議

テーマ:ビジネスを通じて地球規模課題を解決し,国際平和を実現する~平和とビジネスの交点としてのSDGs~

2019国際平和のための世界経済人会議

国際平和のための世界経済人会議バックナンバー

2016年から開催している国際平和のための世界経済人会議。過去のバックナンバーはこちらからご覧ください。

国際平和のための世界経済人会議バックナンバー

SDGsビジネスコンテスト「ひろしまピース・スタートアップ・アワード」

企業によるSDGsビジネスの推進を活性化することを目的に,広島を基点としたSDGsビジネスの具体的な取組の創出を図るため,SDGsビジネスコンテスト「広島ピース・スタートアップ・アワード」を実施しました。

2019SDGsビジネスコンテスト

【最優秀賞】 株式会社ラックス 「アジアダイバーシティ-SETOUCHI‐広島をアジアを代表する国際都市へ‐」   【奨励賞】 アオイ化学工業株式会社,株式会社エネルギア・コミュニケーションズ,尾道OMOTENASHI株式会社,一般社団法人とびしま柑橘倶楽部,一般社団法人福山グローバルパートナーシップ協会,株式会社マエダハウジング

2019SDGsビジネスコンテスト

2018SDGsビジネスコンテスト

【最優秀賞】 株式会社エコシステム 【優秀賞】 空き家活用株式会社,ANAホールディングス株式会社 コマニー株式会社,株式会社テイコク製薬社,株式会社虎屋本舗,株式会社リバースプロジェクトトレーディング

2018SDGsビジネスコンテスト

最終審査会 審査結果の様子

軍縮とSDGs

2018年5月,アントニオ・グテーレス国連事務総長は新たな軍縮アジェンダを発表しました。その中では,軍縮とSDGsの関係についても触れられており,特に軍縮の関わりの深い項目として,目標3「すべての人に健康と福祉を」,目標4「質の高い教育をみんなに」,目標5「ジェンダー平等を実現しよう」,目標8「生きがいも経済成長も」,目標11「住み続けられる街づくりを」,目標16「平和と公正をすべての人に」が挙げられています。

軍縮アジェンダ

2018年5月に発表された軍縮アジェンダについて紹介しています。

軍縮アジェンダ

国際平和のための対話イベント「UN75 in Hiroshima」

2020年8月6日,公募によって選ばれた参加者と中満 泉 国連事務次長 兼 軍縮担当上級代表が「SDGs実現のために軍縮がどう貢献できるか」をテーマに議論を行いました。

UN75 in Hiroshima